2010年10月24日

個別対談を受け付けています。


こんばんは

カプセルZの竹内です。






パソコン教室の先生として独立し、

自分の教室をオープンした



百人力の会員のあおいさんから、





スカイプを使っての

個別対談


を受けて下さると

お知らせを頂きました。





あおいさんは、

百人力に入ってからの収入が、

100万円まであと

数千円との事で


その中で見つけた

あおいさん流の稼ぎ方も

非常に参考になると思います。




しかし、それ以上に

私が大事だと思うのは、


あおいさんと仲良くなれる


という事だと思います。





何かにつまづいた時、

分からないことがあった時、


気軽に相談できる人がいるのは

嬉しいですよね。






今回は、26日までの期間で、

受付をして下さっていますので、

百人力にご参加いただいている場合は、


あおいさんにメッセージを送ってみてくださいね。








百人力は、


楽しくなければビジネスじゃない


がモットーの

そんなSNSです。



【百人力.sns】











■■ ■■ 本日の記事 ■■ ■■




本日は、


人との距離について


考えてみました。





メールでの

やり取りはもちろん簡単ですが、


それ以上に

電話で直接話したほうが

密度の濃いやり取りが出来ますし、



さらに直接会った方が

よりお互いのことが分かります。






インターネットで

ホームページを見ているだけでは、



相手からの一方通行の

情報発信ですから、


相手と自分との関係は限りなく

0に近い状態です。


それは、別世界の出来事に感じると思います。





そこで、相手にメールをしてみます。


ブログであれば、

コメントを書き込みます。



相手から、メッセージが帰ってくれば、

双方向の関係になります。



文字のみのやりとりですので、

まだ関係は少ないです。


相手の姿や声が感じられないので、

現実感も少ないと思います。






そして、

相手が何か物を売っていたり、

セミナーを行う時には、

買ったり、参加したりしてみましょう。






相手はお客様として認識するので、

無視する事は出来なくなります。



例えばセミナーに参加した場合、

ここで、直接会って

話をすることが出来ます。



しかし、まだまだ大勢の内の

一人でしかありません。






そこで、後日、1対1の関係を作るために、

直接会う事を提案します。



もちろん、相手にメリットがなければ

会ってもらうことは出来ません。




例えば、


「おいしい天ぷら屋さんがあるんですが、

 ご一緒にいかがですか?」


と食事に誘ってみるのも

一つの方法です。




最近は、色々な方とお会いする機会を

頂いているのですが、


直接お話をすると

もはや別世界の出来事ではなくなります。





そうして、人脈が広がっていった中で

今回は無料のセミナー動画を頂く事が出来ました。


セミナー動画をご覧になって、

それを活かすためには、

直接メッセージをされるのもよろしいかと思います。



10月25日まで無料配布中












本日は百人力で楽しみながら

がんばっている方をご紹介致します。



皆様の状況がご参考になればと思います。








千田さんは


オークションで稼げる人

稼がない人の違いを解説してくれました。


ただやり続けるよりも、

この点について考えながらの方が

絶対にいいですね。


千田さんのブログ















きらさらさんが

海外との文化の違いを実感中です。


最近のきらさらさんは

攻めの姿勢で勢いを感じます。


きらさらさんのブログ








くっぱさんは

初輸入の商品が届きました。


こういった事で

喜べるかどうかで

継続できるかどうかが変わります。


くっぱさんのブログ









tomoさんは


オークションで常に売上を

上げ続けるために必要なことについてです。


これは本当に大事ですので、

参考になりますね。


tomoさんのブログ






こじおじさん

は副業で月収100万円達成です。


百人力でも大活躍ですね!


こじおじさんのブログ






のりさんは

早速、昨日のセミナーで

また加速しました。



勉強熱心より●●熱心です。


のりさんのブログ











本日もお読み頂き、

ありがとうございました。



1人でも多くの仲間が

力を合わせて良い結果を出せる事を

願っています。



posted by 11 at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。